家族でポケカブログ

このブログでは今流行りのポケモンカードを話題にしたブログです。

世界大会決勝の出来事について考える。

先週末にポケモンのカードとゲームの世界大会が有りましたね。

レギュレーションはどちらも日本のものとは異なり世界大会基準となっています。

グズマやテテフGX、ハイパーボールやネストボール等どのデッキにも入るガードが軒並みレギュレーションから除外されているので一味違った戦いが繰り広げられていました。

ゲーム部門は日本人が躍動していました。

カード部門も過去に優勝経験もあるイトウシンタロウ選手が決勝戦まで勝ち上がり、日本のプレーヤー達は画面越しに応援していた人も多かったと思います。

そんな決勝戦である出来事が話題になっていました。

イトウシンタロウ選手の長考で審判から遅延行為だとみなされサイド2枚のペナルティを貰ってしまう場面がありました。

この事について色々な意見が世界規模で飛び交っています。

当然私もイトウシンタロウ選手を応援していただけにショッキングな出来事でしたが一旦冷静になって考えてみたいと思います。

そもそも長考≒遅延行為がなぜ悪いのか?
それは時間制限にあります。
自分と相手が同じ時間を共有しているルールなので故意に自分が時間をかけると相手の反撃する番の時間が減ってしまうからなのです。

ここが大前提になってきます。
今回の場合は世界大会決勝戦という大舞台で接戦となったイトウシンタロウ選手が80秒の時間長考した事で審判が下した結果のペナルティになりました。

妥当か不当かは置いておきましょう。
ここでその論議をしても答えは出ないでしょう。

ここで考えたいのは何が悪かったのか。

私が考えたいのは
・ヒューマンエラー改善の余地
・ルール的環境的な改善の余地
です。

まずヒューマンエラーから。
審判だって人間です。
今回の件に限らず何かしらの判断ミスや好き嫌いなプレースタイルもあるでしょう。

そう言った物の影響で怪しい判断をしてしまった時に誰かが異議を唱える事が出来ないと間違った結果を生んでしまうことになります。

具体的には副審の設置や選手側からの物言いによる判定に対する審議等が当てはまります。

次にルール的環境的な改善点です。
今回のケースで一番疑問なのが具体的に何処までが長考で何処からが遅延行為に当たるのかと言う事。

もしかしたら審判によっては遅延行為とされなかったかもしれない?
そんなタラレバで片付けれる内容だからこれだけの論争になっているのです。

具体的に長考の申し出から何秒以上はペナルティ等のルールが決まっていれば誰も疑惑には思わないでしょう。

もしくは制限時間を共有から将棋や囲碁のように各自の持ち時間に変える等の方法も考えられます。
しかし、そうなるとポケモンチェックのどちらのターンでもない時間や相手のトラッシュ確認など相手ターン中の確認行動等の時間はどの様な判定にするか難しい課題になってきます。

どちらにしても審判の主観的な判断よりは何かしらのルール規定とタイムキーパーが着く事によるタイムカウントで今後は改善出来るのではないかと思われます。

しかしそれは人手が必要になってくるので予選ラウンドやショップ大会では中々難しいかもしれません。(-_-;)

それでも全国大会や世界大会の決勝戦等では必要かつ可能な環境だと考えています。

今回の出来事を切っ掛けにより、今後はより国際大会基準の明確化したルールでお互いのプレイヤーや応援している人達が後味の悪くない結果を導きだせるような工夫を公式には期待したいです。

Twitterもよろしくお願いします。

アーゴヨン&アクジキング

少し前になりますが、もう新パックの情報が徐々に出てきました。

そんな中今回はこのカード!


f:id:coyote0808:20190821071354j:plain


アーゴヨン&アクジキングに注目したいと思います。

初のウルトラビーストTAG(嘘)がドラゴンタイプで登場ですがこのカードの魅力は何と言ってもGX技です。

使うことでサイドを表にすることが出来ます。
更に超と悪がついていればサイドを2枚取る事ができます。
シンプルですがGXポケモン1匹分の有利を取れるのは大きいです。
比較するならカミツルギGXのGX技を2回使えるわけですからまさに2匹分の働きです。

特性の暴食によりHPを60かいふくすることが出来るので280と言う高いHPを活かした戦い方も出来ます。

ここまで見て私は「ぱっと見普通~」と思いました。
しかし色々と考えているうちにこのカードでブログを書こうと思える魅力を感じました。

ではその魅力について書いていこうと思います。

先程説明したとおりこのカードはサイドを2枚取るGX技を有しているので、このGX技を使う前提であれば4枚取った時点で勝利は確定したも同然なのです。

ここまでは物の言い方を変えただけに過ぎませんが、ではいかにサイドを4枚取るのか。

一般的にはGX2体か非GX4体になりますが、ウルトラビーストであるこのカードには例外があります。
非GXのアクジキングやトレーナーズのビーストブリンガーです。

f:id:coyote0808:20190821150742p:plain
f:id:coyote0808:20190821150925p:plain

これらを使うことでより効率良くサイドを取ることが出来ます。
特にビーストブリンガーはウルトラビースト専用の道具なので、速攻に向いているウルトラビーストにつけることで早期から相手に攻撃を仕掛けサイドを2枚以上取る事ができます。
速攻を仕掛けるウルトラビーストにはマッシブーンGXやサイド6枚で火力を上げる非GXのあかつきのつばさネクロズマ、先行でも技が使えるフェローチェGX等1エネルギーで攻撃を仕掛けることが出来ます。

これらの速攻を仕掛けるために必要なトレーナーズをどのように集めるか。
上記の流れを成立させるために最も重要なポイントになります。
ポケモンの道具であれば冒険のかばんで回収出来ますが、グッズを集める要員として今私が注目しているのはコレです。
f:id:coyote0808:20190821153127p:plain

ヤーコンであれば、いかなるグッズをも効率良く集めることが出来ます。
ビーストブリンガーに始まりポケモンを探すためのボール系も集めることが出来ます。
更にミッシングクローバーを採用すれば更にサイドを効率よく取ることも視野に入ってきます!

ビーストブリンガーで2~3枚
ミッシングクローバーで1枚
カオスオーダーGXで2枚
この時点で5~6枚のサイドが取れることになります。

足りない分はサイドの枚数に合わせて有利なウルトラビーストを使って取っていく事で取れるでしょう。

今まで通りのビーストリングやウルトラフォレストのかみつかい、ビーストエネルギーが脇を固めている事もあり難しくは無いでしょう。。。

特殊なサイドのとり方を軸に素早く勝利を掴みに行くコンセプトでデッキを組んでみるのも面白いと思います。

次のパックも面白くなりそうです。

Twitterもよろしくおねがいします。

ポケセン購入品開封じゃーい!!

みなさん連休いかがお過ごしでしょうか?

私は今日用事で遠出したついでにポケモンセンターに行って来ました!!!

狙いはウルトラサンとウルトラムーンの再版です!

しかし今月はドリームリーグを多めに買ったので予算は少なめ10パック程。。。(-_-;)

そして現地到着するとカード以外にも欲しいものがわんさか有るではないか。

最近のヌマクローグッズからゲンガーグッズまで、色々欲しいものは有りましたがそこはグッとこらえて購入した物がこちら。


f:id:coyote0808:20190813202842j:plain


(@_@)???

完全にコストオーバーしてない???

パックだけで20有るよ???

本当ね。

妻には頭が上がりませんm(__)m

たまにしか来ないから少しなら買っても良いとの事。

収納のファイルは必要なので別、プレイマットは妻が気に入ったので購入。

なので10パック分はおまけとして購入できました。再度、妻よ。ありがとう。m(__)m

それでは感謝の開封結果いきたいと思います。

先ずはウルトラサンから



f:id:coyote0808:20190813205214j:plain

RR以上4枚!

圧倒的勝利!!!

ダークライ◇とリーフィアゴウカザルは持ってなかったしトレーナーズも十分な引きでした。

唯一残念だったのはPRならアカギ◇を引きたかった。。。

それでは続いてウルトラムーン


f:id:coyote0808:20190813205625j:plain

こっちは正直地味な結果になりました。
でもギラティナ◇は持ってなかったので良かったです。

こちらも欲を言えば超ブーストエネルギー◇やハンサム関係が欲しかったですが、これだけ買えただけで十分です。

これからも日頃の行いを良く過ごしていきたいと思った1日でした。

Twitterもよろしくお願いします。

ひょんなことからデッキ構築

先日妻にラフレシアデッキ作りたいんだけど~と話をすると草のデッキ2つになるしライフフォレスト◇使うならジュカインのデッキから抜いても良いよ。

と言われましたが私はあまり気が進みませんでした。

と言うのもジュカインGXのデッキは妻がジュカインを気に入って初めて自分で組んだデッキだったので、それを崩してまでラフレシアを作る気も起きませんでした。

しかし、最近の炎の強い環境やTAGの高HPに速攻を決めきれずジリ貧状態になった時の負けパターンが多く使われていない現状になっていました。

私自身ジュカインはゲームでも愛用していた事もあり、なんとか活躍させたい気持ちでした。


f:id:coyote0808:20190811091909j:plain


そこで私は気づいて考えた。

序盤をジュカインで展開して速攻。
ジリ貧になる終盤をラフレシアの特性も使いながら耐久出来ないかと。


f:id:coyote0808:20190811091933j:plain


ラフレシアのHPがキツイ時はジュカインのジャングルヒールで一気に回復も出来る事も噛み合っているのではないかと。

モクロー&アローラナッシーも使えば安定性も低くは無いはずと。


f:id:coyote0808:20190811091952j:plain


炎タイプの相手にはラフレシアモクロー&アローラナッシーにウィークガードエネルギーで対応する予定です。

この連休中に妻の炎相手に試す予定なので結果はブログにあげたいと思います。

色々なデッキの使用感とレシピたまってすいませんm(__)m

Twitterもよろしくお願いします。

デッキ作りで何考える?

デッキ構築のすすめ - 家族でポケカブログ

以前初心者のデッキ構築指南のようなブログを書かせてもらいました。
今回はそれの続きのような内容にしたいと思います。
上の時とダブる部分も有るかもしれませんがご了承下さい。

上記のブログでは

①使いたいポケモン

②サポート(引くカード中心)とグッズを入れて

③エネルギーを入れる

というのを例をあげて書かせてもらいました。

上記の作り方で作ったデッキは言わば「自分の使いたいポケモンを使いたいように使う」デッキ作りになります。

それが対戦環境で強いカードであれば勝てるでしょう。

しかしそうではない場合は作ったデッキで勝てないと精神的にキツイですよね。

そんな状況を打破するきっかけになって貰えればと思います。


ではさっそく

自分が○○したい!から相手の○○をどうにかしたい!の視点を持つ。
何事も目標が必要です。
身近な相手からショップの大会相手や環境トップのデッキまで様々有りますが、自分がどんなデッキに勝ちたいのかを考えるだけでデッキの方向性は決まってきます。

(例1)
レシラム&リザードンデッキに勝ちたい!→今のデッキにアンチできるカードをいれるか?それとも今のデッキから水タイプのデッキに変えるか?等々

なにもデッキそのものを全て変える必要はありませんが自分の中で使いたいコンセプトのデッキと勝ちを目指すコンセプトのデッキの優先順位と比率をある程度決めておく必要があります。

(例2)
最優先 ポケモンの○○は使いたい!
次点 ○○に勝ちたい!

(例2)の場合は、最優先のポケモンは必須でおそらくそのポケモンのタイプ中心のデッキ構築になってくるでしょう。
※無色で技が使える等の例外あり

次に勝ちたい相手は先程の(例1)で出したレシラム&リザードンと仮定しましょう。

まず、あなたの使いたい○○はレシラム&リザードンに対して有利なポケモンですか?
有利な場合は一旦置いていて、不利な場合なら考えて見ましょう。
不利な場合はまず、レシラム&リザードンに対して有利なカードを考えてデッキに入れてみましょう。(弱点をつけるポケモン、GXに強いポケモン、TAGに強いポケモン等)

次にレシラム&リザードンに対して有利、もしくは対策をした後です。
ここからはプレイヤーの嗜好が濃く反映されてきます。
次に考えることは大きく分けて

・対レシラム&リザードンデッキの対応してない範囲を対応出来るようにするか。


→同じデッキ内の別のポケモン(ミュウツー&ミュウ等)を想定してアンチカードを選んでいく


・別のデッキまで対応出来るようにするか。

→安定して強いルガルガンゾロアークのデッキや今後流行ってくるだろうレシラム&ゼクロムのデッキに対応出来るようにカードを選んでいく。


・自分のデッキの長所を伸ばしていくか。

→最低限倒したい相手の対策はしたので自分のデッキに相性の良いカードや汎用性の高い所謂強くて使いやすいカードを選んでいく。


・自分のデッキの短所を埋めていくか。

→自分のデッキの苦手を補えるカードを選んでいく。(自分のデッキが特性持ち主力なら無人発電所アローラベトベトンの対策カード等)


自分は上記の考えを持って比率を考えながら、あーでもない。こーでもない。とデッキを組んでいます。

勝ちたいが最優先の場合色々な大会で沢山結果を残しているデッキレシピを完コピ、アレンジして使い込むと良いでしょう!

どのデッキも一枚一枚構築者の意図があるので完コピしたから使いこなせている!なんて事は中々無いしプレイングに合う合わないもあるので、どんな形にしろ組んだデッキを自分の物にする事が大事だと思います。

デッキ構築が苦手、悩んでた人の何かヒントになれたら幸いです。

Twitterもよろしくお願いします。


シルヴァディGXを改めて見てみた。

今回はシルヴァディについて見てみたいと思います。

f:id:coyote0808:20190805204843p:plain

ドリームリーグのシルヴァディGXについては発表されたときに使いやすそうなカードだな~位に思っていましたが先日開封して良く確認したところ思った以上に強そうでこのカードと似てると思いました。

f:id:coyote0808:20190805204936p:plain

共通している点として
1進化GXポケモンである
特性で山札を引ける
無色2で120ダメージまで威力を出せる
弱点が闘タイプ
逃げるエネルギーが2

こんなところでしょうか。

ゾロアークの方が決定的に優れているのは特性で手札を増やし続けれる点でしょうか。

ではここからはシルヴァディに注目して書いていきたいと思います。

シルヴァディは専用のポケモンの道具相手に合わせて自分のタイプを変える事が出来ます。
その種類は草炎水雷超闘の6種類となっており鋼悪妖以外の弱点は突く事ができます。
また、タイプに合わせた専用のグッズやスタジアムで能力を底上げする事も出来ます。
これはゾロアークには出来ない柔軟性があります。

そしてシルヴァディには過去にもう1種類GXがあり、そちらも併用することが無理なく可能なので戦術に幅を持たせることが出来ます。

ドリームリーグのシルヴァディの登場で手札を補充しながらもう1枚で逃げるのを補助する事が出来るので状況やデッキの特色に合わせて補助する事が出来るポケモンになりました。

自分も今制作中なので運用次第紹介ブログかけたらと思います。
その時はアドバイス等もよろしくお願いします。

Twitterもよろしくお願いします。

三度目の正直。開封!!!


f:id:coyote0808:20190804192612j:plain

ハガネールを手に入れるまでは終われんよ!

さぁいくぞ!!せめてRで良いからハガネール来い!!!



f:id:coyote0808:20190804193520j:plain


うん。

まぁね。。

欲しいものはそう簡単には引けないよね。。。

そう。前向きに考えよう。

昨日の12パックよりは圧倒的に引きは良くなってるよね(笑)

こっから更に上がることを信じて次の購入を楽しみにしようではないか!!!

トレーナーズが最低限一通り揃ってしまったな~

ハガネールデッキはいつ組めるんだ。。。

Twitterもよろしくお願いします。